日本には、四季があり梅雨や秋の長雨もあります。それに耐える家造りが、断熱+気密+冷暖房+計画換気の家造りです。 断熱材は、熱の伝わり方を遅らせるための熱の対抗素材です。その素材は隙間無く隅々まで厚みを確保できる充填材で施工しやすいものがよいです。また、素材自身が湿気を吸ったり、吐いたりするものがよいでしょう。
気密は、建物の隙間を床面積1uあたり2cm2以内程度にして、壁体の上下に隙間や断熱材の充填不良で気流を発生させないことでです。そうすることで、計画換気がしやすくなります。
建物の内外部との温度差、湿度、風雨等による影響が少なく、室内に空気のよどみもなく換気コントロ-ルができます。換気コントロ-ルができると、カビ・ダニ・白蟻等が発生しにくく、VOC対策にもよい。ここに、快適な暮らしやすい健康住宅が近づきます。
高断熱化すると外部からの熱の伝達が抑えられ、高気密化することによって外部からのすきま風の進入を防ぎます。外部からの熱の伝搬とすきま風の進入を無くすと室内の気流の発生が抑えられます。
そうすると室内の温度分布が平均化し、床面付近と天井付近の温度差が小さくなります。つまり冬場、ストーブをガンガン焚かないと足下まで温かくならないと言うことが無く、低熱量、弱風量の、やわらかい空調で快適に過ごすことができます。
低熱量で家全体の空調が可能となり、部屋間の温度差によるヒートショックを無くし部屋間の移動が活動的になり、健康を促進します。夏場では壁、天井からの輻射熱を押さえ、涼しく過ごせます。そして、エアコンの効率をよくし、消費電力を押さえます。
熱移動を阻止するのが断熱材です。
多くの断熱材は、その素材の中にある小さな無数の空気な壁(小部屋)によって、熱が逃げて いくのをくいとめる仕組みになっています。たとえば冬場の場合、「温度は、高い方から低い方に移動する。」と考えるとイメージしやすいかも知れません。断熱がないと、暖かい室内から寒い屋外へ温度が逃げていきます。夏場の場合は逆に「温度の低い方から高い方へ」、涼しいエアコンの前から、暑い屋外へ・・・。断熱しない場合だと、約8割の熱 が逃げていくと言われています。
気密で一番大切なことは、建物の隙間(注 1)を床面積1uにつき
2cm2以内を目標にするも重要だが、 大きなポイントは壁の上下の「気流止め」が断熱構造の生命線で、この気流止めがしっかりできていないと、建物の断熱性能のメカニズムは、がた落ちになります。もう一つの目的は、「換気経路」を計画しやすくする事です。
建物の気密性能を確保できなければ、不必要なところからすきま風が多く入ってくるので、住環境が不快になる可能性もあります。どうしてかと言うと換気しているすぐ脇に、かなりの量の空気が侵入する隙間があると、そこだけでショートカットしてしまい、家全体の空気をリフレッシュすることにはならないのです。それに、建物の外部と内部に温度差が生じた時や風が強い日は、換気のコントロールが出来ずに室内の熱ロスも生じてしまいます。また、住宅業界では、「1時間あたり建物の気積の半分を換気しなさい」と言われてます。つまり建物の空気を2時間で全部入替ということです。これは、VOC対策を根拠に設定されているようです。
計画換気・・・・
計画的に住まいの隅々まで新鮮な空気を行き渡らせ、汚れた空気を排出することを計画的に考えて、より効果的な配置や機種の選定を行うことを言います。もっとも大事なことは給気口の位置と排気口の位置。そして、入ってくる外気の熱交換などで制御するかどうかを含めた計画です。
機械換気の方法

第一種換気・・・・
排気・給気とも機械を用いて行う換気方法。もっとも換気を制御しやすい。
気密性が要求される為、高気密高断熱住宅が条件。また、熱交換型換気扇で、外気から の吸気をより室温に近い方法で吸気する方法がある。

第二種換気・・・・
吸気のみ機械で行う方法。住宅ではまず行われてません。

第三種換気・・・・
換気のみ機械で行う方法。もっとも広く行われている換気方法。壁に取付ける方法と 天井に取付ける方法の二つがあります。

断熱材・・・・

断熱性能は、各材料の熱伝導率で判断できます。(熱伝導率が小さいほど断熱性能が高い)ですから、 断熱材の厚さは熱伝導率で変わります。同じ厚さの断熱材でも、熱伝導率によって全く異なります。


セルロースファイバー断熱工法・・・・


結露やカビを発生させない唯一の断熱材。 機能 (断熱・防音・防露・防熱・防カビ・防錆・防虫・撥水・安全) 自社施工責任で60%コストダウン。 吹込量は120%アップ

ファイバーエース袋詰
ファイバーエース
セルロースマシン
難燃性材料
ファイバーエース施工

     スーパーウォール工法・・・・
       詳しくはこちらをクリック

断熱開口部材 (窓・玄関ドア・引戸・勝手ドア等・サッシ
窓・・・・・・・・・・・・・・断熱サッシと呼ばれるものはペアガラス入りのもので、そのフレームの素材によって、アルミ製、樹脂製、木

              製に大別されます。 素材の熱伝導率から判断されるようにアルミ製.>樹脂製>木製の順に断熱性能が高い

              です。
玄関ドア・引戸・・・・各メーカーのカタログ等に書かれている熱貫流率(K値)で判断することができます。
ガラス・・・・・・・・・・ 複層ガラス(A12).複層ガラス(A6).Low-Eガラス(遮熱タイプ・断熱タイプ)

Copyright(c)ケンシンホームズ All rights reserved